So-net無料ブログ作成

普通の釣り [フライフィッシング]

3月に入って渓流が解禁となりました。
第1週末は気仙沼、第2週末は阿蘇、第3週末は一休み・・・という具合で、せっかく山に近い所に越したのにまだ地元の川に出向いていませんでした。

この週末、ようやく地元の年券を買っている水系に遊びに行きました。

土曜日は蔵王を源頭より流れる支流へ。この川、あまり春先に良い要素を見つけられないのですが、ナゼか早い時期によく釣れる川です。

IMGP1529.JPG川原にはまだ雪も残って寒々。
朝一番から入ったという知人に電話で聞いた所、風が強すぎて釣りにならないと退散してしまった様子。
それでもまあのぞいてみるかと川原に下りると、なんとなく朝より風も弱まってきてるみたいで、風のタイミングはかればどうにか勝負になりそうです。IMGP1513.JPG


ライズを探しながら歩くも、水面は沈黙。
時おりメイフライが風に飛ばされてましたが、ハッチしているのでは無さそうです。
それでもちょっと深くて流れの緩いところにドライフライを流すと、ポコポコと高反応。

 

 

IMGP1527.JPG
小さいヤマメとフキノトウが遊んでくれました。

IMGP1535.JPG翌日曜日はまさに家からご近所、車でおよそ20分程のところを流れる川へ。
この川は標高も低く、やはり春先が最もホットな川です。
風も強くなく昨日より穏やかな日中ですが、ここではドライフライに反応がありません。
水温もまだ冷たくて6.5℃。
インジケーターニンフで釣り上がると、ポツポツとイワナが反応してくれました。
と、川の上の道路からあるプールをのぞいていた知人が、デカいのを発見。
川原に下りて膝立ちでそっと寄ってみると、大きいのが流れの中でユ~ラユラ。その周りにちっこいのが取巻いています。
ウッシッシとばかりにニンフをプレゼンテーションすると・・・取巻きのちっちゃいのが釣れてしまいました・・・。君じゃないよぉ。
結局このポイントでは惨敗。近々リベンジ致すことに致しましたのさ。
その後その上流で珍しくちょっと大き目を上げることが出来、大いに満足な週末ではありましたが・・・
ま、とり残したイワナ君には近々リベンジです。
さてその結果は如何に・・・。
IMGP1542.JPG





 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

ひろぽん

先日はお疲れ様でした。
あの状況で9寸は立派です。大きすぎてしっぽが写っていないよ~(笑)
「今年の俺は違う」・・・まさに有言実行ね♪
それにしても、あのユラユラ岩魚気になるよねぇ。
是非リベンジをっ!
by ひろぽん (2009-03-31 09:04) 

curtis

おつです。
ありがとうございました。

満腹です。
でもここで終わらないのがまさに「今年のオレ・・・」
人生前厄にして、燃えつき寸前っす。


しかし、なんだか聞いた事あるセリフだ~。


by curtis (2009-03-31 14:52) 

SilverDr.

コノ岩魚、ぜんぜんサビてないね・・・
もう、こんなに綺麗な魚が釣れるんだなぁ〜
by SilverDr. (2009-03-31 21:05) 

curtis

>SilverDr.さん
そういえばそうですね。
他のイワナも全然サビは目立ちませんでした。

このポイントは砂地で、魚も白っぽくてとても見えにくい感じでした。
でもばっちりサイトで楽しめるし、アクセスもたいした事無いのでgoodです。
まだドライには鈍いですが、もう少ししたらいかがですか~。
by curtis (2009-04-01 01:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。