So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラックバス [釣場・自然環境]

日本各地で繁殖してしまったブラックバス。
在来生態系に対する影響が大きいと言われており、その生息と捕獲後の処理について様々な意見が交わされています。
昨年夏に成立した「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づいて、来春にはその‘特定外来生物’が選定されるという状況です。

とある雑誌。ブラックバス等の問題についてのご意見をしばしば目にする事のある大学教授の記事を読んでいましたところ、環境省が発行している報告書の中で
「ブラックバス・ブルーギルが侵入・定着する事で、本邦の湖沼生態系がどのような影響を受けているかについての知見はほとんどなかった・・・」云々
という文章があるという事が報告されていました。しかし、実際にその報告書の概要版を見てみると(上記リンク)、色々と生態系に影響があったような事例が報告されています。

う~む、ナニヤラ不可解な事が起こっている気がする。実際に「生態系への影響についての知見がほとんどない」のであれば、ブラックバスが特定外来生物として指定されたり、現に「釣ったら放すな!!」と言われている事自体が根拠レスな事。しかし、旺盛な魚食性を持つ種なのは確かだし、日本の既存生態系に何らかの影響を及ぼしている事も大いに有り得ると思う。
この種の問題に関する色々な報告書やご意見等も、中には社会的背景が見え隠れするものもあるのでしょう。できるだけそれに惑わされず、事実を知って、自分なりに‘正しい’と思う意見を持ちたいものだと思います。色々と調べてみよっと。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。